テレクラには挫折が存在しない


本当に、魅力的な女性とセックス出来て幸せ満々かもしれません。しかし、あれだけ魅力的な女性というのに、セックスしているうちに、たがか肉のかたまりだったという幻滅な思いを抱くことって、今まで経験したことないでしょうか。経験ないのならいいですが、もしも、経験ないのなら、そのような人たちって、かなり、鈍感な人と言いたいのです。

私達は、女性に対してセックスをしたいと、肉体を目指していきます。向かっていく以上、幸せ一杯であり、快感に満たされている訳ですが、 ふと肉体を目の前にして、肉体なんて、肉体に過ぎず、どの女性も同じではないかという思いになってしまうのです。それを越えて行きたい、その女性を愛しているのなら更に奥へ行きたいと思っているものの、肉体が障害物として立ちはだかり、それ以上奥へ進むことが出来ないのです。

メンタルという問題を無視して、肉体と肉体が向き合おうとしているから、このようなことが起こってしまうのです。人間って、本当はもっと理性的セックスをしなければならないのに、まるで浅ましい動物のように、下賎なセックスをしてしまっているのです。下賎なセックスをしているのに、いろいろ考えるから動物とは違い、挫折してしまうのです。肉の固まりによる挫折の一歩手前には、肉体に思っているほど魅力がなかったという挫折があるかもしれません。

女性がアトピーというのが裸にした時に分かれば、やっぱりセックスは幻滅するものです。いろいろ考えると、やっぱりリアルセックスっていろいろと、私達をインポに招く手段なのかもしれません。

視覚的に満たされている世界

無料アダルト動画などかあり、私達は、気軽な感じでいつだって、いろいろな女性を相手にして、セックスが出来るようになりました。AV女優には、肉体というリアルがないから、リアルセックスのように挫折はないかもしれません。しかし、それはそれで、リアリティーのなさに、幻滅するのかもしれません。やっぱり、セックスの快感は、女の子と直に向き合うことが基本ではないでしょうか。そして、AV女優のエロ動画、画像などにどっぷり浸かってしまった人たちにとって、段々と、どの女性を見ても、同じに見えてしまうような価値観の喪失事態が起こっているのではないでしょうか。

それは、一人のAV女優を大事に思い入れなく、次から次へ進んでいこうという浅はかなモチベーションより起こることです。AV女優は、はじめから、そこに裸でいてくれます。段々とそこには価値を失い、たとえば、待ち合わせ型のデリバリーヘルスでは、ラブホテルに行く前に、待ち合わせなどして恋人同士の感覚を味わって、この間に、この女性とセックスをしたらどんな感じなのだろうかということを想像してホテルに向かうことになります。これが、相手を相乗的にイメージを膨らませて大事にするということではないでしょうか。AV女優には、それが欠けているから、AV女優のオナニーなど便利で都合いいと繰り返すうちに段々とインポになってしまうのかもしれません。

だから、テレクラでテレフォンセックスを

だから、今テレクラでテレフォンセックスの時代に再び回帰して欲しいと言いたいので。テレフォンセックスは、想像するセックスなのです。相手が全然声だけで見えないから、相手がどんな女の子か想像をします。いえ、本当のことを言えば、どのような女の子か想像するのではなくて、大好きな女の子を、果てしなくイメージしてオナニーをしているのかもしれません。

それは、大好きな女の子を、AV女優のように使い捨てにしないということであり、そして、ここには肉体が一切なく、肉体の挫折に見舞われない、一番インポになりにくい方法なのです。